鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎の行動から学ぶ投資の行動心理

投資

現在、空前の大ブームを巻き起こしている「鬼滅の刃」。子供たちだけでなく、大人にも大人気です。

この漫画・アニメが大人気である理由の1つが、大人でも共感できる内容の深さにあるといってもいいでしょう。特に、主人公である竈門炭治郎(かまど たんじろう)の生き様は見習うべき点が多く、投資で利益を上げていく上で、学べることも多くあります。

そこで今回は、投資で利益を上げるためのポイントを炭治郎の行動から学んでいきましょう!

不屈の精神

炭治郎の持つ不屈の精神

炭治郎は鬼殺隊入隊のための試験に挑むため、師匠である鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)の下で、とてつもない訓練をうけます。最初は、障害物のある山下りから始まり、自分の背丈より大きな岩を両断するため、半年以上毎日ボロボロになりながら修行を続けました。

結果、炭治郎は見事岩を両断することができ、鬼殺隊入隊の選別試験を突破し、晴れて鬼殺隊に入隊することができました。何度も心が折れそうになりながらも「不屈の精神」をもって鍛練に励んだからこそ、結果を出すことができたといえるでしょう。

投資での不屈の精神

この点、投資でも同じことがいえるでしょう。

株式投資でもFX投資でもはじめから利益を上げるのは容易なことではありません。特に初めのうちは損を出し続けてしまい、諦めそうになることもあるでしょう。

それでも諦めずに続けることが非常に重要です。

投資を続けていると諦めそうになることもありますが、炭治郎を見習い、「不屈の精神」をもって頑張りましょう

信念をもつこと

不屈の精神を持つといっても、何も理由なく不屈の精神を保つことは並大抵ではありません。通常は、それを支える信念が必要になります。

炭治郎の信念

鬼殺隊入隊した炭治郎は、何度も強い鬼たちと対峙し、その度に体がボロボロになっても不屈の精神を持ちながら鬼たちに挑み続けます。

炭治郎がここまで頑張れたのは、鬼となってしまった妹である竈門禰豆子(かまど ねづこ)を何としても人間に戻したいという強い信念があったからです。ここからも、不屈の精神を支えるのは、強い信念だということが分かります。

投資での信念

投資を続ける場合も同じことがいえます。

例えば、投資であれば「何としてでも利益を稼ぐんだ!」という強い信念を持つことによって、結果が出るまで継続する「不屈の精神」が出来上がるのではないでしょうか。

そのため、投資を始める際には、投資をして「どうしたいのか」という信念を持つことが成功の鍵ともいえるでしょう。

常に考える

思考を止めない炭治郎

炭治郎は、常に自分より強い鬼に挑み続けます。そのため、戦いの最中もどうすれば鬼の攻撃をかわし、撃破することができるのかということを常に考えています

これを続けるからこそ、炭治郎は幾度となくピンチになりながらも鬼を倒すことができたのです。もし何も考えずに、ただ刀を振っているだけであれば、決して鬼たちに勝つことはできなかったでしょう。

投資でも考えることは重要

「継続は力なり」という言葉があるように、投資で利益を得るため強い信念から醸成される不屈の精神をもって、続けることが非常に重要です。

しかし、ただ何も考えずに毎日投資を実施しているだけではうまくいかない事が多いでしょう。投資で損を出した場合にはどうして損をだしたのか、投資で利益を出せた場合にはどうして利益を出せたのかなど、常に分析することは非常に重要です。

また、投資には先人たちが築いたいくつもの投資手法が存在します。これらを知っておくこと、また最善のタイミングで駆使することも非常に重要です。

そのためには、常に考え、分析して投資を実施することが欠かせません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。鬼滅の刃の主人公である竈門炭治郎が、鬼と戦い続け勝つことができたのは、不屈の精神と強い信念を持ち、常に考えることを止めなかったことが大きいです。

この点、投資を継続する上でもこの3つのポイントは欠かせないものですので、炭治郎から学び実践していきましょう!

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
投資
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました