小型株(新興成長企業)投資には、PSR(株価売上高倍率)が重要?

投資

少額資金で資産拡大を目指していきたいなら、小型株集中投資がおすすめです。

小型株集中投資をしていく上では、大半の場合、新興成長企業を投資対象として投資可否の判断をしていくことになるでしょう。

この点、一部上場企業などへの投資をする場合、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)、株主資本利益率(ROE)などを投資判断の指標として見ていきますが、新興成長企業へ投資する場合には、株価売上高倍率(PSR)を重要な指標の一つとしてみていくことが多いです。

そこで今回は、PSRとはそもそも何なのか。また、なぜPSRが新興成長企業への投資可否判断で用いられるのか。また、使用する際の注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

PSRとは?

Price to Sales Ratio (株価売上高倍率)

PSRとは「Price to Sales Ratio」の略称であり、一般的に「株価売上高倍率」とよばれています。つまり、PSR(株価売上高倍率)=時価総額を年間売上高で割った指標ということになります。

成長ベンチャーの指標として「PSR」が用いられるのはなぜ?

通常、会社への投資可否の判断をする際には、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)などを確認することが多いです。

PER = 時価総額 ÷ 純利益
PBR = 時価総額 ÷ 純資産

しかし、小型株のようなこれから成長していくことが予想される会社には、PERやPBRといった指標はあまり有効ではありません。

それはなぜか。

これから成長していくようなベンチャー企業が上場する場合、もちろんしっかり利益を出している会社もあれば、将来性が重要視され、上場時には赤字が続いているケースなども多くあります。

一方で、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)は、その計算式から見てわかるように、基本的にその会社が利益を出していることが前提となっています。そのため、損失が出ていたり、債務超過になっているような会社の指標としては、あまり機能しません。

その点、PSRは、指標を計算するのに売上高を利用することから、例え会社が赤字を出しているような場合においても、有効な指標として使用することができます。

PSRの水準は?

PSRは平均で約1倍であるといわれています。実際に、2019年の企業PSRの平均値は、1.1倍となっています。

PSRは、値が高ければ割高、低ければ割安と判断されます。この点、小型株投資で狙っていくような成長過程にあるベンチャー企業などは、割高になっているケースもあり、場合によっては、10倍や20倍となっている場合もあります。

ただし、あまりにもPSRが割高になっているような場合には、株価がこれ以上上昇しない可能性もあるため、PSRは、多くとも2倍~3倍のものを狙っていくといいでしょう。

注意点

ただし、投資検討先のPSRを見ただけでは、投資すべきかどうか判断することはできないので、以下についても忘れずに確認しましょう。

業種によってPSRの平均は異なる

PSRは、全体の平均値が約1倍程度であるものの、業種によってその平均値は異なります。例えば、利益率が低いような業界では、売上が大きくても、利益率が低いことから時価総額が低くなり、結果PSRの倍率も割安にみえる可能性があります。逆に、利益率が高い業界では、時価総額が高くなり、割高にみえやすくなります。

この点、PSRの基準値を1倍程度としながらも、同業他社のPSRの水準を確認することも大事です。

業界の成長性や会社の今後の展望の確認も忘れずに

また、その時点のPSRだけでは、業種によっても平均が異なり中々割高なのか割安なのか、投資すべきなのか投資しべきでないのか判断できないケースもあります。そのためPSRに加えて、その業界のPSRの成長率や将来性、その会社自体の今後の事業戦略などについてもしっかり確認をしていく必要があります。

最後に

新興成長企業は、仮に上場していたとしても、赤字が続いているケースもすくなくありません。そのような場合には、PERやPBRといった指標はうまく機能しないので、PSRを重要な指標の一つとしてとらえていきます。ただし、PSRは万能であるわけではないので、利用する際には、同業他社の水準や会社自体の将来性なども合わせてみていくことが大切です。

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
投資 株式
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました