老後2000万円を貯めるためには?無理なく始められる副業を紹介!

副業

金融庁が、1世帯あたりの老後資金は年金のほかに2000万円必要と試算したことは、まだまだ記憶に新しいです。この試算に日本の多くの人たちが焦りを覚えたのは間違いありません。

政府は根拠がないと否定したものの、このような数字が出たからには、無視することはできませんよね。

一方で、日本の全世帯の1割強は貯蓄ができていないという厚生労働省の調査もでており、ここからどうやって2000万円を貯蓄するか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、どのように貯蓄を増やしていけばいいのか、副業に焦点を当てて紹介していきます。

スポンサーリンク

無理なく貯蓄を増やすには?

無理なく貯金を増やしていくには、どうしたらいいのでしょうか。

節約してみる?

まず第一に多くの人が考えるのが節約ではないでしょうか。携帯代や水道光熱費などを見直したり、外食を控えたりして努力している人も多くいるかもしれません。

でも節約には限界があるって思いませんか?

節約は全く悪いことではありませんが、携帯代や水道光熱費を抑えたとしても、せいぜい月数万円程度の節約にしかなりません。これでは、老後の2000万円なんて中々貯まりません。

また、節約のしすぎで日々の生活が窮屈になり、ストレスが溜まってしまっては元も子もありません。

節約が難しいなら、収入を増やすことを考えてみましょう。

収入を増やしてみる?

収入を増やすには、転職や副業など、いくつかの方法が考えられます。

収入が簡単に増やせるなら誰も苦労しないよと考える人もいるかもしれません。

しかしながら、特に近年は、会社員でも副業などを実施できる環境が広がりつつあり、確実に収入を稼ぎやすい時代になってきているといえます。

副業であれば、本業を維持しながら続けられるので、収入の心配をする必要もありません。また、PC一台で始めれる副業も増えてきており、比較的簡単に始めることができます。

そこで、今回は老後の資金を蓄えるべくおすすめの副業について紹介していきます。

おすすめの副業

Webライター

まずは、Webライターの仕事です。ライターの主な作業は、業や店舗のブログ記事やサイトの原稿を執筆することです。ライターの場合、知識がゼロでも始められるので誰でも始めやすい副業といえます。

また近年では、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探すことができますので、一度クラウドソーシングサイトで、どのような仕事があるのか覗いてみてはいかがでしょうか。

物品販売

物品販売とは、家電や日用品などをヤフオクや楽天などのweb上で仕入れ、アマゾン、メルカリなどで販売するという副業です。

物品販売は、始めて副業を始める場合におすすめの副業として、良く取り上げられます。この副業のポイントは、商品の相場をリサーチし、稼げそうな商品を発掘することです。うまくいけば、利益率50%だって達成可能ですし、短時間で稼ぐことができます。

また、一度商品を出品してしまえば、後は売れるまで待つだけですので、比較的時間を有効活用できる副業といえるでしょう。

アフィリエイト

次に紹介するのは、アフィリエイトです。アフィリエイトは、ブログを書いて、そこから広告収入を得ることもできますし、動画を投稿して、そこから広告収入を得ることもできます

アフィリエイト自体は挑戦者が多いことから競争が激しくなりつつあります。しかし、ジャンルによっては、まだ手付かずの分野もあったりする場合もありますので、まだまだチャンスはあるといえます。しっかりとテーマを絞り込むことができれば、月数百万の収入を得ることだって夢ではないかもしれません。

ただ、アフィリエイトは、誰でも挑戦できるので比較的挑戦者が多いのですが、収益化までに時間がかかることが一般的で、途中で挫折してしまう人が多くいます。そのため、アフィリエイトを始めるまでは、根気よく続けるという覚悟をもって始めることをおすすめします。

投資

投資も多くの人が行っている副業といえるでしょう。

投資と聞くと損するリスクもあるんじゃないかと考える人も多いかもしれません。

確かに、投資は損するリスクもあります。しかしながら、大きな収益を上げることができる可能性を秘めているのも事実で、ハイリスク・ハイリターンを狙いたい人にはおすすめです。

また同じ投資でも、投資信託などは、限りなくリスクを減らして資産運用できるので、リスクを最小限に抑えて投資をしたいという人にはおすすめです。

最近では、米国株式への投資も注目が集まっており、投資信託に投資する感覚でETFへ投資している人も増えています。

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
副業
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました