ポルトガルを旅するならどこへ行くべき?ベストシーズンは?

ポルトガルは、ユーラシア大陸の最西端の国で、スペインの隣に位置しています。地図上でみるとスペインの左端にあり、スペインの国土が大きいことから、見落とす人もいるかもしれませんが、見どころ沢山の国です。また、クリスティアーノ・ロナウドの母国としても有名ですね!ポルトガルは一年を通じて過ごしやすい気候ですが、特に、夏のポルトガルは湿度が低くカラッとしてて、最高です!そんな、ポルトガルについて解説していきます!

スポンサーリンク

首都リスボン

ポルトガルの首都リスボンは、テージョ川河口の丘に囲まれていて、「7つの丘の街」とよく呼ばれています。その呼び名の通り、リスボンには坂道が多くありますが、レトロなデザインの路面電車が走っているので、これを使えば楽に移動できます。また、坂の上にはいくつもの展望台があり、そこから見渡す旧市街は壮観です!リスボン自体は比較的コンパクトな街ですが、いくつも世界遺産があったりと、見どころ満載です!

リスボンの世界遺産

ジェロニモス修道院

ジェロニモス修道院の歴史は、1502年まで遡ります。当時のポルトガルの王マヌエル1世がインド航海路を切り開いたエンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称えて建設が開始されたのが、ジェロニモス修道院です。

ジェロニモス修道院建設のため、資金は惜しげもなくつぎ込まれ、着工から完成まで約100年の歳月がかかっています。それを象徴するかのような修道院は、実際に見ると圧巻です!

ベレンの塔

ベレンの塔は、ジェロニモス修道院から1kmほど河口に下った水際に位置しています。この塔は、テージョ川を行き交う船を監視するために、マヌエル1世の命によって建設されましたが、その優美な姿から、司馬遼太郎は「テージョ川の貴婦人」と称えたと言われています。

発見のモニュメント

ベレンの塔まで行ったら、せっかくなので、発見のモニュメントも立ち寄りましょう!世界遺産ではありませんが、リスボンのフォトスポットとしても有名です!

大航海時代に活躍した33名の偉人たちが刻まれているこのモニュメントは、エンリケ航海王子没後の記念として1960年に制作されました。

リスボンと一緒に訪れたい街

シントラ

シントラは首都リスボンに隣接しており、リスボンから電車で40分程のところにあります。この都市は、「シントラの文化的景観」として街そのものが世界遺産に登録されています。シントラは、リスボンに比べて比較的小高い丘に位置しており、ムーア人が築いた城跡や王家が暮らした色鮮やかなペーナ宮殿など見所がたくさんです。

ポルト

ポルトは、首都リスボンに次ぐ第2の都市で、ポルトガルの国名の由来にもなった都市です。ポートワインの生産地としても有名ですので、ワイン好きの人は知っているかもしれません。

美しい中世の街並みが残るポルトには、聖クレゴリウス大聖堂やボルサ宮殿のある「ポルト歴史地区」が世界遺産として登録されており、数多くの人が訪れています。

また、「リベイラ地区」では、丸石が敷き詰められた路地が街の間を縫うように繋がっており、ドウロ川に架かるドン・ルイス一世橋を渡ると、街並み全体を見渡せる絶景ポイントがありおます。また、この街は、ジブリ映画「魔女の宅急便」の舞台のモデルになった街ではないかと言われています。

おまけ

その他の国も見てみる☟

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました