LCCの航空券チケットが安い理由ってなぜ?

数年前から「LCC」って名前を耳にします。LCCとは、Low Cost Carrierの略で、いまゆる格安航空会社のことを指します。日本にも、ピーチアビエーション、ジェットスター、エアアジアなど、いくつかLCCが参入していますが、そもそもなんでチケットを格安で販売できるんでしょうか??

スポンサーリンク

LCC普及率

上述の通り、日本にはピーチアビエーション、ジェットスター、エアアジアなど、LCCと言われる航空会社がいくつか存在します。ただ、LCCの普及率は全体の20%に満たない程度です。一方で、欧米などでは、LCCの普及率が50%に迫る勢いの国もありますので、まだまだ、日本でも成長が期待されます。

LCCがチケットを安く販売できる理由

そもそも、LCCってなんでチケットを安く販売できるんでしょうか。それには、主に3つの理由があるのです。

空港の有効活用

LCCと呼ばれる航空会社は、地方の空港を本拠地としたり、地方の空港を利用することがとても多いです。これは、地方の空港を利用し、空港や地域を活性化することによって、空港や地方自治体などから、いわゆる「インセンティブ」と呼ばれる資金サポートを得ているのです。インセンティブは、一回着陸するごとにもらえるものや、乗客数に応じてもらえるものなど、様々ですが、これが意外と重要なのです。これを入手することで、安い費用で飛行機を運航することができ、それがチケット価格に反映されているのです。

サービスの選択

次に、LCCではサービスを選択制とし、お客様が必要としないサービスをそぎ落とすことによって、チケットの価格を抑えているのです。たとえば、LCCでは、荷物を預けたり、座席を選択するのは有料となります。しかし、国内移動などの短い距離の移動であれば、手荷物のみで移動する場合もほとんどですし、座席にも拘らない方が多くいます。このように、必要のないサービスを選択制とすることで、不要な部分にかかる費用を抑えることができるのです。

機材稼働率

最後に、LCCでは可能な限り飛行機を飛ばす時間を長くします。これはどういう事かというと、LCCは日中帯だけでなく、深夜も関係なくバンバン飛行機を飛ばします。つまり、可能な限り飛行機が使われていない時間を減らすのです。これをする事によって、より多くのお客様を乗せることができ、飛行機1機でより多くの売上を上げることができます。これにより、一人当たりのチケット価格を抑えることができるのです。

安全性は?

でも、LCCってチケット価格は安いけど、その分安全性に問題があるんじゃないの?という質問がよくあがります。ただ、決してそんな事はありません。国が求める安全性の基準は、LCCであろうが、そうでなかろうが、全く同じものを求めています。そのため、JALやANAなどの日本を代表する航空会社と全く同じ安全性をLCCも持っています。

まとめ

LCCは、国が求めている安全性の基準をしっかりと満たして安全だけど、3つの理由によってチケット価格は安く設定されています。LCCの出現によって、人々の移動は格段に楽になりました。是非、状況に応じて利用してみてもいいかもですね!

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました