スマホで税金の確定申告ができる?やり方や条件について紹介!

独立・フリーランス

スマホで確定申告できるの?

皆さん、確定申告をスマホでできるのはご存じでしたでしょうか。2018年まではスマホで確定申告の提出ができませんでしたが、2019年からそれが可能となりました。

スマホで確定申告をできるととても楽ですよね。スマホで確定申告書類の作成及び提出を行うためには、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用することとなります。

ちなみに、確定申告書類の作成自体は一般的な会計ソフトでも可能ですが、提出は「確定申告書等作成コーナー」のみで行うことができます。

ただし、スマホで確定申告の提出を行うために「確定申告書等作成コーナー」を利用するには、いくつかの条件がありますので、その条件について確認しましょう。

スマホから確定申告するための条件はある?

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用できる条件は、ズバリ・・・

「給与以外の収入が一切ないこと」です。

つまり副収入が一切ない会社員は利用可能ということになります。

また、以下のケースに該当する場合にもスマホからの確定申告が行えないので、PCから確定申告を作成する必要があります。

  • 複数の会社から収入がある(源泉徴収票が2枚以上ある)
  • 勤務先で年末調整が済んでいない、行っていない
  • 生命保険や国民年金、健康保険料の控除を利用したい
  • 医療費控除・寄付控除を利用「されていない」

スマホで確定申告書を作成するには

上記の条件を満たすと、スマホで確定申告を作成できます。

利用者識別番号と暗証番号の入手

スマホで確定申告を作成するには、まず、利用開始前に利用者識別番号と暗証番号(パスワード)を取得する必要があります。

まだ取得していない場合は、e-Taxホームページから「開始届出書の作成・提出」を行い、利用者識別番号(ID)と暗証番号パスワードを入手してください。

ちなみに、マイナンバーカードを持っている場合には、マイナンバーカードを読み取ることでも、ログインすることができます。

ログインと必要情報の入力

利用者識別番号(ID)と暗証番号(パスワード)を入手したら、ログインします。

ログインさえしてしまえば、あとは、画面の案内に従って、一年間の給与や所得控除等を入力するだけです。

スマホで確定申告書を提出するには

スマホで確定申告を作成したら、そのままスマホで電子申告(e-Tax)を行うことができます。

ただし、スマホで電子申告を行う場合には、マイナンバーカードとお持ちのスマホがマイナンバーカードの読み取りに対応している必要があります。

お持ちの携帯が要件を満たしているかどうかは『地方公共団体情報システム機構 対応機種一覧』から確認できます。

スマホで納税手続きをするには

確定申告書を税務署に提出した後は、所得税を3月15日までに支払う必要があります。

支払い方法には以下の4つがあります。

  • 口座振替
  • クレジットカード
  • インターネットバンキングなどから電子納税
  • 銀行窓口

確定申告にはクレジットカードなどを利用する人も多くいるかもしれませんが、毎年確定申告をするようでれば、口座振替もおススメです。

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
独立・フリーランス
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました