在宅勤務以外のおすすめの副業4選について紹介!

おすすめ

本業と副業を掛け持ちしている人でも、本業が内勤だと、副業くらい外勤で体を動かしながら仕事がしたいと考えたりしませんか?

副業といえば、PCを使った内勤での作業が多い考えがちですが、意外と外勤の副業も人気です。

そこで今回は、簡単に始められる外勤の副業4選を紹介していきます。

イベントスタッフ

イベントスタッフとは、土日や祝日などの休日によく行われるコンサートやフェスなどのイベントに携わる仕事です。

仕事内容としては、お客様を誘導したり、ゲート前でチケットを確認したり、商品の販売や受け渡しなど多岐に渡ります。イベントスタッフの多くは、単発だったり数日間限定の勤務であることが多いので、気軽に働くことができます。

また、一日がかりの仕事になりますので、纏まった収入を得ることができます。

イベントスタッフの副業の場合の多くは、派遣会社に登録して、都合の良い日にエントリーするというようなスタイルが多く、気軽に始められるのも人気の魅力です。

覆面調査

覆面調査は、企業からの依頼により、お客様として特定のお店やサービスを利用し、調査をする仕事です。

この副業の一番の魅力は、仕事の一環でサービスを受けることがきる点です。

例えば、飲食店に関する調査であれば、飲食のサービスを受け、なおかつ収入が入ります。まさに、一石二鳥の副業といえるかもしれません。ただし、覆面調査を行う場合には、細かいルールや指示があったり、多くのチェック項目があったりするので、ただ満喫して終わりではない点は留意しておく必用があります。

販売、接客員

販売、接客員の仕事は、デパートなどの小売店の臨時スタッフとして働く仕事です。

この副業は、セール時などの繁忙期に求人が出るケースが多く、仕事内容は接客や包装、試食販売など様々です。接客業が好きな人などは、短期的に販売員として接客に携わってみるのも面白いかもしれません。ただし、案件としては大変人気であるため、応募倍率はかなり高くなる傾向にありますので、留意しておきましょう。

配達員

配達員の仕事は、荷物や食べ物を指定の場所へ運ぶという比較的単純な作業になります。最近では、「Uber Eats」などデリバリー配達などの需要もかなり高まってきており、空いている時間を利用してガッツリ稼げるチャンスのある副業といえます。

「Uber Eats」などは、時給制ではなく、配達回数などに応じた単価制度ですので、土地勘がある程度あったりすると、目的地までの最短ルートを選択でき、効率的に稼げる副業となるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

PC操作があまり得意じゃなかったり、外にでて仕事がしたいと考える人には、外勤の副業がおすすめです。今回紹介した副業は、スキルや資格がなくても始められる副業ばかりですので、気になるものがあれば、是非挑戦してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました