フリーランスとして独立する前に身につけておきたい能力6選!

個人・フリーランス
フリーランスになると自由度が増える一方で、仕事を自ら獲得していく必要があるため、リスクがつきまといます。
そこで今回は、フリーランスになることによるリスクを少しでも減らし、しっかりとしたスタートダッシュをきれるように、フリーランスになる前に身につけておくべき能力について紹介していきます!

スポンサーリンク

フリーランスになる前に身につけておきたい能力

スキル

フリーランスは基本的に自らのスキルを売って収入を稼ぐため、スキルを磨いておくことは、必要不可欠です。

ここでいうスキルというのは、知識だけはなく、現場での経験値も含まれます。また、資格を持っている場合には、その資格が一定のスキルを持っていることの証明にもなるため、資格取得の検討をするのもいいでしょう。

営業力

フリーランスの場合、仕事を自分で獲得出来なければ収入は0円となってしまうため、仕事を獲得する能力は非常に重要です。

自分のスキルを売り込み、案件を獲得できる営業力を身につけることも大事になります。

人脈

フリーランスの場合、もちろん自分から営業をかけいていく必要はありますが、周りから仕事を紹介してもらえる場合もあります。営業する相手、仕事を紹介してもらえる相手を少しでも増やしておくために、人脈作りも非常に重要です。

大型案件の場合などは、複数のフリーランス同士で協業することも考えられるため、仕事仲間を増やしておくという意味でも人脈を可能な限り増やしておくことが大事になるでしょう。

コミュニケーション能力

案件を獲得するため、獲得した案件を円滑に進めるため、コミュニケーション能力も非常に重要です。また、なるべく多くの人脈を築きあげるためにもコミュニケーション能力は非常に重要といえるでしょう。

自己管理能力

フリーランスの場合、自由度が増す分だけ仕事とプライベートのメリハリをつけることが非常に大事です。

プライベートを優先して仕事のクオリティが落ちてしまえば、クライアントからの信頼を失ってしまう恐れもあります。

常にベストクオリティのパフォーマンスを出すためにも、しっかり自分をコントロールできる能力も身につけておきましょう。

個人事業主としての知識

フリーランスになるということは、個人事業主になるということです。

個人事業主になる場合、企業から雇用されるわけではないので、税金の申告や社会保険への加入などを自分で行わなければなりません。

特に税金申告などにおいては、「知りませんでした」では済まされない場合もあります。

税理士事務所等と契約をして、税金申告をお願いするケースもありますが、そのような場合でも、基本的な知識については、身につけておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、フリーランスになる場合に身につけておくべき、基本的なものについて紹介してきました。

業種によっては、フリーランスになる前に、これ以外にも身につけなければならないものもあったりしますが、まずは最低限なにも身につけておくべきか確認し、自分に何が足りていないのか確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました