FP技能士とAFP、CFPの違いって何?どの資格がおすすめ?

コーポレート

多くの方々が、自分のキャリアアップやキャリアチェンジのため、資格取得を考えるかと思います。

その中でも、人気の資格の1つが「ファイナンシャルプランナー」です。

ファイナンシャルプランナーの資格は、会社内でのキャリアアップやキャリアチェンジで役立つことはもちろんのこと、副業を行う場合や独立開業を行う場合でも役立つ資格となっています。

でも、ファイナンシャルプランナーの資格には、「FP技能士」や「AFP」「CFP」など様々ありどれを取得したらいいのか迷ったりしませんか??

そこで今回は、それぞれの資格の違いとどんな人におススメの資格なのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

FP技能士

FP技能士は国家資格

FP技能検定は、厚労省が認定した金融財政事情研究会及び日本FP協会が実施する国家検定で、合格するとFP技能士という国家資格を得ることができます。

FP技能士を一度取得してしまえば、更新の必要は一切ありませんので、一生ものの資格として保持していくことが可能です。

FP技能士には、3級~1級の階級があり、階級によってそれぞれの難易度や試験問題は異なりますので、それぞれの特徴について紹介していきます。

3級FP技能士

FPの試験の中でも比較的難易度の優しい「3級」では、日常生活に必要なお金に関する知識を広く浅く学ぶことができます

基礎から学ぶことができますので、資産運用・税金・年金・社保・保険などの分野に今まであまり馴染みがなかった人でも抵抗なく勉強することができます。

こんな人におススメ!

  • お金や経済の基礎について勉強したい
  • 家計を見直したい
  • とりあえず、ファイナンシャルプランナーの肩書が欲しい

2級FP技能士

「2級」は、3級よりも難易度も高く、取得していると働く上でも、資産運用・税金・年金・社保・保険などの分野において一定以上の専門知識があるとみなされます

特に、銀行や保険会社などの金融機関においては、昇格するためには「2級」以上を取得していることが条件としている会社もあり、必須の資格となっています。

こんな人におススメ!

  • 銀行、証券、保険などの金融機関に勤めている
  • 銀行、証券、保険などの金融機関への転職・就職を考えている
  • 一般企業において、資産運用や年金に関する業務を行っている
  • 履歴書に資格を書きたい

1級FP技能士

「1級」は、ファイナンシャルプランナーの最上級資格です。

1級ともなると試験自体の難易度もかなり上がり合格率を10%弱ととても低くなります。

また、合格すると、資産運用・税金・年金・社保・保険などに関してかなりの専門知識を身につけていることの証明になります。

こんな人におススメ!

  • ファイナンシャルプランナーとして、独立開業したい
  • 2級で取得した知識をさらに深掘りしてエキスパートになりたい

AFPとCFP

AFPとCFPは民間資格

AFP(Affiliated FP)とCFP(Certified FP)は、日本FP協会が認定・運営する民間資格です。

AFPは、国家資格ではないものの、資格保有者は国内に14万人以上存在しています。一方でCFPは、国際資格ともいわれており、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界25カ国・地域で導入されている世界で通用する資格になっています。

ただし、AFPもCFPも、資格維持のためには、FP協会への入会と2年毎講習・更新が必要となります。これは、資格をより実用的なものとするべく、常に知識をアップデートしておくということが背景にあります。

AFP

AFPは、試験を通じて、ファイナンシャル・プランニングを行うための、金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税制等の幅広い基礎知識を学ぶことができます

一方で、FP技能検定2級はAFPの試験も兼ねているため、FP技能検定2級に合格することで、自動的にAFPの資格を取得できてしまいます。(逆に、AFPの資格取得要件の1つにFP技能検定2級合格がある)

その点、AFPは、FP技能検定2級程度の資格であるといえます。

こんな人におススメ!

  • 銀行、証券、保険などの金融機関に勤めている
  • 銀行、証券、保険などの金融機関への転職・就職を考えている
  • 一般企業において、資産運用や年金に関する業務を行っている

さらには、社労士や行政書士がAFPを取得することで、より総合的な提案業務を行うことができるということで、そのような方々の受験も目立ちます。

CFP

CFPは、国際的な資格であるということも相まって、AFPの上位資格と位置付けられています

そのため、CFPの資格審査試験を受けるためには、AFP認定者であるか、協会指定大学院の所定課程を修了している必要があり、 FP技能士と並んで、ファイナンシャルプランナーの最上級資格といえます。

一方でCFPは、アメリアで生まれた「国際ライセンス」であるため、国際的な場においてもファイナンシャルプランナーとして通用する資格となっています。

こんな人におススメ!

  • ファイナンシャルプランナーとして、独立開業したい
  • FP技能検定2級やAFPで取得した知識をさらに深掘りしてエキスパートになりたい
  • 国際的に通用する資格が欲しい

まとめ

  • FP技能士は国家資格、AFPとCFPは、民間資格
  • FP3級はFPの入門資格
  • ビジネスで利用するなら、最低でもFP2級かAFP
  • 独立開業やエキスパートを目指すなら、FP1級かCFP
  • CFPは国際ライセンスでもあり、国際的にも通用する
スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
コーポレート 副業
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました