副業でも人気の物販ビジネスってどんなやり方があるの?基礎を紹介!

副業

物販ビジネスは誰でも簡単に始められるネットビジネスで、副業としてもとても人気です。

販売する物品さえあれば、Amazonやメルカリ、ヤフオク!などのプラットフォームで簡単に出品販売することができますし、初期費用も運営費用もあまりかからないことも人気の理由です。

一方で、物販ビジネスには、あ国内転売、輸入転売、輸出転売、無在庫販売といくつかの種類が存在しますので、今回はそれらについて紹介していきます!

スポンサーリンク

物販ビジネスの種類

国内転売

物販をする場合において最も一般的なのが、国内転売です。いわゆる「せどり」という言葉を使われる人も多いかもしれません。

国内転売は、日本で仕入れたものを日本国内で販売するというものです。日本の商品を取り扱うので、信頼度も高く、欠陥等も少なく、顧客とのトラブルのリスクを下げることができます。

なお、国内販売は実施している人も多いことから、自分が売りたい商品が過去にどの程度いくらで売れているのか。どれくらいの人が今売りに出しているのかなどを把握しやいです。そのため、低いリスクで物販を行うことができます。一方で、卸元を探したりする必要があり、すぐには利益にならない場合もありますが、初心者が物販ビジネスを始める場合、一番取っ掛かりやすい方法だといえます。

輸入転売

輸入転売は、中国やアメリカなどの海外で仕入れた物品を日本国内で販売するというものです。

この方法は、日本と海外の物価の差を利用して利益を上げる販売方法になります。そのため、物品を安く仕入れられればその分だけ利益が上がります。一方で、海外で物品を仕入れる必要があることから、買い付けの手間がかかったり、気付かずに偽物やコピー商品を買い付けてしまう可能性もリスクとしてはあります。

物品を買い付ける際には、コピー商品などを誤って販売してしまうリスクを避けるためにも、しっかりと正規店等で買い付けるようにしましょう。

輸出転売

輸出転売は、輸入転売の逆で日本の国内の物品を海外に販売する方法です。個人で実施する場合には、AmazonやeBayなどのプラットフォームサービスで物販を販売する場合が多いです。

特に日本特有のもので、海外では中々手に入らないようなものは、希少性が高く高値がつきやすいです。例えば、日本の人気アニメのフィギュアなどはそれに該当し、Amazonなどで高値で取引されています。また、日本のウォシュレット付きトイレなども海外ではほとんどありませんので、一時期多くの人に人気がありました。

高値がつきそうな物品を見つけることができれば、大きな利益も上げることができます。一方で、輸入販売も同じではありますが、取引先が基本的には外国人になるので、言葉の壁というのはあるかもしれません。

無在庫販売

無在庫販売は在庫を抱えず物品を販売する方法です。無在庫販売は、国内販売・輸出入販売にそれぞれ組み合わせて実施することができます。

物品販売の大きなリスクの一つが仕入れた在庫が売れ残ってしまったり、在庫を売れるまで保管し続けなければならない在庫リスクになりますが、無在庫販売をすることで、在庫の保管や売れ残りが発生しないため、在庫リスクが解消されます。

ただし、ヤフオク!やメルカリなどは、無在庫販売を禁止していたりしますので、利用するプラットフォームが無在庫販売を許可しているかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

また無在庫販売の場合、注文を受けた際に物品の買い付けができなくなっている場合もあり、お客様に物品をお届けできないといったことも起こりえるので、物品の確保が可能なのか随時確認することをおすすめします。

まとめ

物販ビジネスは初心者が手軽に始められるネットビジネスであることから、非常に人気が高いです。国内転売、輸入転売、輸出転売、無在庫販売といった販売方法が存在しますので、自分にあった販売方法を見つけることをおすすめします。また、既存のプラットフォームを使うと、自ら集客を行う必要もないので、個人で始める場合には、メルカリ、ヤフオク!、Amazon、eBayなどのプラットフォームを利用することをおすすめします。

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
副業 商品・サービス販売
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました