5人に1人は本業より副業で稼ぐ!気になる副業の実態と稼ぐ方法とは?

おすすめ

副業への注目が集まる中、お金の不安を解消するためのさまざまな情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジーが、2020年3月~2021年の1年間を対象に、20代~50代の働く男女330名に「副業に関する実態調査」を実施しました。

そんな「副業に関する実態調査」の結果について紹介していければと思いますが、今回は皆さんが気になっているであろう5つの質問を抽出して、ご紹介します。

スポンサーリンク

質問1:本業より副業収入が多いか?

「本業による収入の方が多かった」:75.8%

「副業の方が収入が多かった」:21.8%

「その他」or 「分からない」:2.4%

5人に1人が本業収入より副業収入の方が多い

さすがに、副業収入より本業収入が多いと答えた人が大半でしたが、全体の約22%、実に5人に1人の割合で、副業収入が本業収入の方が多いと答えています。

質問2:あなたの月額副業収入はいくらですか?

「5万円以下」:43.9%

「5万円~10万円」:18.4%

「10万円~15万円」:5.5%

「15万~20万円」:8.0%

「20万以上」:19.9%

「未回答」:4.3%

20万円以上の収入を得ている人が全体の約20%

全体の約40%の人の副業収入は5万円以下と、副業も楽ではないという事を示している一方で、毎月20万円以上の収入を得ている人も全体の約20%となっています。

ちなみに、毎月50万円以上の収入を得ている人は全体の約5%でした。

質問3:副業の内容は(複数回答可)?

「株式投資」:44.8%

「アンケートモニター」:34.7%

「FX投資」:26.4%

「事務・作業」:21.2%

「仮想通貨投資」:20.9%

副業として人気なのは「投資」

今回は調査の結果、20%以上の副業について表示していますが、1番人気は株式投資という結果となっています。特にコロナ禍においては、うまく株式市場上昇の波に乗り稼いだ人も多かったのではないでしょうか。

また、「FX投資」や「仮想通貨投資」など気軽に始められる「投資」が副業として人気があるようです。

一方で、アフィリエイトやライターなどといった、いわゆる副業は比較的低い水準となっています。

質問4:副業で気をつけていることは(複数回答可)?

「本業に支障をきたさないようにする」:68.1%

「過労に注意する」:45.7%

「確定申告・税金の管理」:33.4%

「損しないようにする」:28.5%

本業に支障をきたさないよう副業をしている人が多い

副業をする上では、本業に支障をきたさないよう気をつけているという人が最も多かったということで、こちらは意外な結果となったかもしれません。

投資などあまり安定しない副業を行う人が多いので、本業からの安定的収入はしっかり確保しておきたいと考えている人が多いのかもしれません。

副業を解禁している企業にとっては、嬉しい回答かもしれません。

質問4:今後力を入れて取り組みたいことは?

「資産運用」:61.3%

「お金の知識の習得」:50.6%

「経営の知識の習得」:27.3%

「 資格取得」:25.8%

副業経験者は「資産運用」に力をいれたい

副業をしている人の多くは、収入を増やしたいということが原動力になっている人が多いでしょうから、この結果は自然なのかもしれません。

一方で、これを機に本格的に事業を始めようとしている人は、経営知識を習得したいと考えていることが想定されます。

まとめ

今回は、5つの質問に対する回答について紹介しました。

今回のアンケートに回答した約半数の人は、副業での収入が5万円以下ということでした。

一方で、20万円以上の収入を得ている人も一定数いるということで副業を継続的に行っていると希望もありそうです。

また、今は投資が副業として人気を博していますが、副業の幅は今後どんどん広まっていくことが想定されます。

より副業をやりやすい環境も増えてくるでしょう。

副業についてあまり考えたことないけど気になっている。といった方は、一度副業について考えてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
おすすめ 副業
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました