ファクタリングとは?審査が簡単な資金調達方法

独立・フリーランス

昨今の経済状況の中で、特に中小企業の社長の方々は、急な資金調達に追われているのではないでしょうか。政府や地方自治体が支援策を打ち出しているけれど、それだけでは全然足りない。金融機関からの融資や、株式を発行して増資を実施したいけど、審査が中々おりなかったり、出資者が見つからなかったりで悩んでいる方々も多いはずです。

そんな方々へ、「ファクタリング」という手段は検討しましたか?

スポンサーリンク

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権の流動化です。

お客様に商品やサービスを掛けで販売・提供する場合、早くても売掛金の入金は、30日~60日後となってしまうことがほとんどです。長い場合にはもっと長期に渡ることもあるでしょう。でも少しでも早く現金が必要。そんなときに使えるのが、ファクタリングです。

売掛債権をファクタリング会社へ譲渡することによって、売掛金の入金前にキャッシュを調達しようという資金調達方法です。

ファクタリングを実行すると、ファクタリング会社に手数料を支払うことで、最短即日の売掛債権の資金化が可能となります。手数料が発生する分、受取額は本来もらうべき売掛金の金額からは減少してしまいますが、それでも即日の現金化は大きかったりします。

実際、経済産業省のレポートでも、日本の中小企業は借入金割合が大企業よりも高いため、一つの資金調達手段として、ファクタリングが普及することで、中小企業の資金繰り改善につながるという報告を実施しているようです。

融資よりも≪≪爆速早い≫≫借りない資金調達!

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットとして、最短即日の資金調達というのは、上記で説明しました。その他、このようなメリットがあります。

  • 最短即日の資金調達も可能
  • 審査が通常の銀行融資などと比べると簡易
  • 売掛先に知らせることなく実行できる場合がある
  • 売掛金の早期流動化のため債務は増えない
  • 貸し倒れリスクがなくなる
  • 資金繰り改善につながる

ファクタリングのデメリット

取引を実施するにあたっては、一応デメリットも認識した上で進めていきましょう。以下のようなことは、デメリットと考えらるでしょう。

  • 売掛金があることが前提
  • 売掛金の枠内でしか実行できない
  • 受取額は売掛金の金額よりも減る
  • 融資などと比較すると手数料が高い

ファクタリングの種類

ファクタリングの種類は、大きく3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛先に対して債権譲渡通知を実施し、取引先を巻き込んだファクタリング手法です。ファクタリング会社は、売掛金を依頼会社からではなく、直接取引先から受け取ることになります。

出典:Best factor

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリング依頼会社が、取引先より直接債権を受け取るため、取引先に知られることなく、ファクタリングを行う方法です。

出典:Best factor

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの違いサマリ

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの違いをまとめるとこんな感じになります。

項目2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先通知なしあり
入金口座自社の口座ファクタリング会社の口座へ変更
債権譲渡登記なしなし
手数料20%が相場1%~5%前後
代金回収方法自社で行うファクタリング会社が行う
利用までのタイムライン最短即日取引先の同意が必要なため数週間
審査ポイント売掛先の信用度
自社の経営状況
経営者の信用度
売掛先の信用度

状況によって、どちらのスキームを使った方が良いのか変わってくると思いますので、その時々に合わせて利用していきましょう。

まとめ

ファクタリングは、早期の資金調達方法として有効な手段です。資金調達の手段として是非検討してみてください。ただ、ファクタリングを提供する会社は数多くどれを使ったらいいのか迷ってしまう方も多いかと思います。そんな方は、一括見積を実施して、最適なファクタリング会社を見つけてみてください。


ファクタリングの無料一括査定で≪お得に資金調達≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました