年末年始の休暇延長に伴う反応は?休暇イメージと収入減少対策

ライフスタイル

現在政府においては、新型コロナウィルス感染防止対策として年末年始の大型連休化が議論されており、その動向に賛否がわかれています。

今回は、そんな大型連休について、世間はどのような意見をもっているのか。また、大型連休を危惧する人は何を心配しているのかなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク

政府が呼びかける年末年始の休暇延長イメージ

現在政府においては、12月27日~1月11日を対象期間として、休暇を延長することを検討しています。これを行うことで、帰省のタイミングを分散させたり、過度な混雑を回避し、コロナウィルス感染防止を目指しています。

世間の反応

この休暇の延長ということについて、世間では賛否両論あるようです。SNSでは、ポジティブなワードとして「長い休みはうれしい」「楽しみ」などのワードが頻出しています。

一方で、ネガティブなワードとしては「どこかで仕事のしわ寄せがくる」「仕事がまわらない」などの仕事を気にしたワードが多く頻出されています。

これらを見る限り、世間の意見はポジティブな意見とネガティブな意見半分半分といえるでしょう。

連休の問題点

上記のとおり、かつてない大型連休にポジティブな意見もある一方で、いくつかの問題点も混在しています。

例えば、学校や医療機関、銀行などは、どうなるのでしょうか。医療機関や銀行が止まってしまうと人々の生活に支障をきたしてしまうことになります。

その中でも特に、派遣で働いている方や、残業代で稼いでいたという方は、大型連休が実現することによって収入が減少してしまう可能性があることから、危機感を頂いている人も多くいるようです。

問題点への対策

そんな、収入が減ってしまうと危惧している方は、いまこそ副業を考えるいい機会かもしれません。大型連休が実現すると、副業をする時間は十分にあります。

特に、今から副業について考えることができれば、自分にあった副業も大型連休までにみつけることができるでしょう。

大型連休で収入の減少を心配している方は、是非一度副業についても考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
ライフスタイル
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました