半沢直樹、帝国航空の再建計画開始!第6話あらすじ 黒崎(片岡愛之助)・宮野真守も!

Satomi CPA Officeです!

日曜夜9時よりTBS系列で放送中の「半沢直樹」。いよいよ新章の第5話が始まりました。帝国航空を舞台とした第5話も非常に熱いものになっています!

今回も、実際に航空会社に関与している側として、航空会社をどこまでリアルに描けているのか、また次回の見どころを確認していきたいと思います!

一部ネタバレも含まれているので、ドラマだけ見たいという方は慎重に見て頂ければと思います!

スポンサーリンク

第5話 おさらい

新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。白井によれば、弁護士の乃原正太をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に対し債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄の要求を検討しているという。

もしこの計画が実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へ乗り込み再建計画を提案。再建計画には、「経営陣の報酬カット」、「人員整理」、「パイロットの給与見直し」などの項目が盛り込まれていた。帝国航空の経営陣が半沢の提案した再建計画に賛同しようとした矢先、その再建計画案が何者かによって社員にリークされ、さらには、その中あるはずの経営陣の報酬カットの項目がなく、社員たちは激怒。

結局リークしたのは、財務担当役員の永田宏であった。伊勢志摩にある取引先を利用して、再建案を社員に流すよう指示。また、この取引先は永田指示のもと、水増し請求を6年間続けけていたという事実も発覚。その悪行は半沢が仕掛けた社内のドライブレコーダーによって社員説明会内で明らかになり、経営陣及び役員たちが団結したところで5話は終了した。

帝国航空とのリアルなやり取り

今回、半沢が提案した再建計画の中には、「従業員の給与見直し」という記載ではなく、「パイロットの報酬見直し」という項目が別出しで盛り込まれていました。

航空会社は、パイロットがいなければ飛行機を飛ばすことができないため、各社パイロットの取り合いになることが通常です。その中で、より魅力的なオファーを渡すべく、パイロットの給与は高くなりがちであります。これは、航空業界特有の事象であると考えられますが、再建をしていくためには、この構造を変えていくことは必須です!

そのような意味で、今回「パイロットの報酬見直し」という提案が再建計画の中で別だしで出されてているという点において、リアルに事実が描かれていたのではないでしょうか。

第6話 あらすじ

第6話も目が離せない状況が続きそうです!第6話の予告・あらすじはこんな感じ!

https://twitter.com/Hanzawa_Naoki/status/1294980439577260032

帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢(堺雅人)。自らの目で、現場で働く人々を見て何とか再建案を作り上げた半沢たち。
しかし、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆)は、そんな半沢たちの努力をあざ笑うかのように、再建案を白紙に戻すと容赦なく告げる。その強引かつ高圧的な態度に半沢は反発し宣戦布告。両者は激しく衝突する。

一方、半沢の作成した再建案は帝国航空内でも暗礁に乗り上げていた。赤字路線の廃止、徹底的な経費削減、そして約1万人もの余剰人員の整理など、どれも大きな痛みを伴うことは必至であり、中でも整備士ら専門職は異業種への転職を断固拒否。彼らへの対応に日々追われる財務部長・山久登(石黒賢)はすっかり疲弊していた。

そんな中、乃原から政府に楯突く半沢の態度を聞いた国土交通大臣・白井亜希子(江口のりこ)は、なんと大臣自ら銀行に乗り込んでくる。この異例の事態に紀本(段田安則)も大和田(香川照之)も、そして中野渡頭取(北大路欣也)までもが、政府の驚異を実感するのだった。

そして、銀行には再びあの男の姿が。黒崎駿一(片岡愛之助)である。急遽始まったヒアリングで、帝国航空を巡るある重大な過失が発見されて・・・。

https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/より

大和田さんによると、「いよいよタスクフォースとの色濃い戦いに入っていくとか」!

第6話では、金融庁も帰ってくるようで、黒崎(片岡愛之助さん)もみられるでしょう。また、キャストには、金融庁古谷役として、宮野真守さんの名前も!第6話も目が離せません!

まとめ

半沢直樹「帝国航空」編。今回もしっかり目の離せない展開となっており、航空会社の状況もリアルに再現されていました。第6話では、タスクフォースとの戦いに焦点があたるようですので、引き続き詳しく見ていきたいと思います!

おまけ

帝国航空のモデルはJAL(日本航空)で、実話とドラマではそれぞれこのように置き換えられていると言われています!第5話は、劇中で「開発投資銀行」という銀行が出てきました。これは、企業再生支援機構及び日本政策投資銀行に置き換えられると考えれますね。

帝国航空→JAL

・進政党→民主党

・的場内閣→鳩山内閣

・的場一郎=鳩山由紀夫

・箕部啓治→小沢一郎

・白井亜希子→蓮舫×前原誠司×辻元清美

・帝国航空タスクフォース→JALタスクフォース

開発投資銀行→日本政策投資銀行x企業再生支援機構

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました