副業で物販ビジネスを始める時に、抑えたい5つポイントを紹介!

副業

物販ビジネスは店舗を構える必要はなく、何かのノウハウを売る商売のように下準備があまりかからないので、商売を始めようとする初心者の人にとっても比較的ハードルの低いビジネスです。

そのため、多くの人に人気のあるビジネス・副業となっています。

そんな物販ビジネスですが、効率的に収益を稼いでいくには、物販ビジネスのポイントを抑えておく必要があります。そこで今回は、物販ビジネスを行う上で、抑えておきたいポイント5つについて紹介していきます。

しっかりとしたリサーチ

物販ビジネスで最も重要なスキルなのが、リサーチスキルです。

物販をビジネスとして継続していく上では、売れる商品を見つけて、販路を開拓していく必要があります。そのためには、常に情報を集め綿密にリサーチをすることが必要です。

しっかりとリサーチをすることで、何が売れる商品なのか、価格相場はどの程度なのか。また、どのような人がターゲット層なのか。などを明確にすることができます。

ジャンルの選択

ただ、限られた時間の中で、全ての商品をしらみつぶしにリサーチするのは現実的には難しいですよね。

そこで物販を行う際には、商品ジャンルを絞ることをおすすめします

ジャンルを絞れば、選んだジャンルのリサーチを存分に行うことができます。

ジャンルによっては利益率が高いものもあったりしますので、効率的に稼ぐ上でジャンル選びもとても大切です。

販売ルートの拡大

販売ルートを可能な限り増やすことも忘れてはいけません。

販売している商品がより多くの人の目に触れることで、売れる確率もあがります。

販売ルートには、フリマアプリやオークション、転売サイト、出品サイトなど色々な経路があります。

販売する商品によって相性の良い販売経路もありますが、まずは、なるべく多くの販売ルートを整えることをおすすめします。

価格設定

利益を出せるがどうかは、この価格設定が肝心です。

商品リサーチをする段階で、仕入れようとしている商品がどれくらいの価格で世の中に出回っているのかも事前に調べておく必要があります。

例えば、スマホアプリの「せどりすと」を利用し、アプリにバーコードを読み込ませると、新品や中古の相場価格を知ることができます。

これで事前価格相場を調べることができ、仕入価格に各種経費を足した金額が相場価格を下回るのであれば、この商品は仕入れるべきという話になります。逆に相場価格より高くなるのであれば、仕入れるべきでないという話になります。

また、価格に応じた商品の売れ行きを調べたいなら、「ショッピングリサーチャー」というツールがあります。

購入者の心理をイメージ

商品を販売する上では、商品を買ってくれそうな人をイメージし、その人の心理を考えるということも重要です。

例えば、中古品であっても新品に近い状態でないと買わないという人、とにかく安く買いたいという人、商品の箱とかはなくても中身がしっかりしていれば問題ないという人など様々です。

このような購入者の心理を考えることで、購入者の年齢や性別が想像できるようになり、価格の設定や販売ルートの決定に反映させることができます。

スポンサーリンク

まとめ

物販ビジネスをやる場合、ただやみくもに商品を仕入れて販売するのではなく、以下の5つの事柄を意識しながらビジネスをすすめていくことをおすすめします。

  • しっかりとリサーチをする
  • ジャンルを絞る
  • 販売経路を可能な限り増やす
  • 合理的な価格決定をする
  • 購入者をイメージする
スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
副業 商品・サービス販売
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました