ドコモ口座の不正利用 メルペイやPayPayは大丈夫?

トレンド

電子決済サービス「ドコモ口座」を通じた現金の不正引き出し被害が相次いでいます。ドコモは、銀行の新規口座登録を停止すると同時に、被害者には銀行と連携し全額補償するとしています。

スポンサーリンク

ドコモ口座って?

「ドコモ口座」は、銀行口座やコンビニなどからドコモ口座へ入金すると、ネットショッピングの支払いやユーザー間の送金ができるサービスです。

今回は、第三者が銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号などを不正に入手し、本人になりすまして、ドコモ口座に銀行口座を新たに登録することで被害が発生したようです。

他の決済サービスは大丈夫?

今回は、ドコモ口座が標的になりましたが、他の電子決済サービスは大丈夫でしょうか?心配です。

なりすましリスクは?

電子決済サービスの大手、PayPayを運営するペイペイとメルペイを運営するメルカリによると、両者ともに、アカウント作成時にSMSによる認証を必要としていることから、なりすましは困難だとしています。

確かに今回のドコモ口座は、dアカウントがあればドコモ口座が開設できるますが、そのdアカウントはメールアドレスだけで作成できてしまうことから、今回の問題が発生したと言われています。そのような意味で、PayPayやメルペイは、セキュリティがしっかりしているといえます。

不正利用された場合の補償は?

また、両社ともに、ドコモ口座のような不正利用が起こった場合には、全額補償することを規約に明記していますので、安心です。

まとめ

今回のような不正理由は、今後も起こり得る可能性がありますが、電子決済サービスの本人認証の仕方や、規約を確認することでリスクを下げることはできますので、しっかり確認するようにしましょう!

スポンサーリンク
Freedox Inc

働き方が大きく変わりつつある今、皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信を心がけております。

Freedox Incをフォローする
トレンド ライフスタイル
スポンサーリンク
Freedox Incをフォローする
Be Independent

コメント

タイトルとURLをコピーしました